読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1歳児と行く台北(台湾)-お出かけスポット③ Taipei Zoo

1歳児とのお出かけ 海外 海外-台湾 飛行機の旅

臺北市立動物園 (Taipei Zoo) 

アジア最大級の広ーい動物園!南国の植物に彩られ、面白いオブジェがそこかしこに配置された園内では日本とはまた違った雰囲気を楽しめました。もちろん、パンダやゾウなど子どもが絵本などでおなじみの動物たちも見られます。

f:id:go_anteaters:20150507165307j:plain

子ども連れのためのサービス

子ども連れのためのサービスとしては、ベビーカーの貸し出し、授乳室、おむつ替え台などがあります。

私たちは、入り口すぐ近くのインフォメーションセンターに立ち寄り、まずはベビーカーを借りました。なお、ベビーカーを借りるには、デポジットが必要です。返金してもらうには、引換券が必要になるので、渡される引換券をなくさないように大事に持っておきましょう。

f:id:go_anteaters:20150507165347j:plain

まずは大熊猫(パンダ)を見に行こう

園内を散策する準備が整ったら、まっさきにパンダを見に行きました。それは、パンダ館に入れる時間帯が決まっているから!

入園すると、整理券を渡されます。その券に書いてある時間を確認して、パンダ館に向かいます。

f:id:go_anteaters:20150507170035j:plain

見学時間が決まっているせいか、待ち時間は全然なし。幸い、私たちが見学した時間帯にパンダはちゃんと起きていて、カワイイお顔を見せてくれました。子どもも「あっ!」「えっ!」と言いながら夢中でパンダを指さしていました。

f:id:go_anteaters:20150507170209j:plain

のんびり南国気分で園内を散策しよう

動物園なんて、日本でも行けるじゃん・・・

そうかもしれませんけど、台北動物園では南国の花々に囲まれて、大木の木陰をのんびり散歩できます。とってもいい気分です!

f:id:go_anteaters:20150507170640j:plain

f:id:go_anteaters:20150507170755j:plain

売店で買える冷たーいジュースもとっても美味しく感じました。

動物達に釘づけ

そして、もちろん動物たちもいっぱい。

息子はぐぐっと身を乗り出して見入っていました。日本に帰ってからも、動物園で見た動物を絵本で見つけると、「あっ!」と言って嬉しそうにしています。

f:id:go_anteaters:20150507171014j:plain

面白オブジェと記念撮影

台北動物園の素敵な特徴はもう一つ、子どもも魅かれる面白オブジェクトが沢山配置されていることです。

f:id:go_anteaters:20150507171302j:plain

パンダ館の入り口にあった逆立ちパンダと一緒に。

そして、こんなのもありました。このソフトクリームみたいな形、台湾でも「う〇ち」として認識されているのですね!

f:id:go_anteaters:20150507171501j:plain

なんだか親近感がわいてきます。1歳児はまだ意味がわかっていませんでしたが、もう少し大きくなったら爆笑間違いなし!

f:id:go_anteaters:20150507171548j:plain

歩き疲れたらカバのお口の中で一休み!

子どもが遊べるオブジェがたくさんありました。

そして、こんなカラフルな絵には1歳児もグイグイ引き寄せられていきました。

f:id:go_anteaters:20150507171646j:plain

暑さ対策をして快適に過ごそう

5月初旬でも、30℃を超えていて、湿度が高いので体感温度はもっと高かったです。日差しも強い!水分補給と日焼け対策が必要です。

水分補給に関していえば、園内に自動販売機が沢山あります。また、売店で売っているジュースも美味しかったです。

日焼け止めは、子どもが普段から使い慣れているものを日本から持参しました。貸し出してもらったベビーカーに大きな日よけがついたので、助かりました。歩くときには帽子があると良いと思いました。もっと暑い時期には、ベビーカーや抱っこひもに装着できる保冷剤があると万全だと思いました。

お手洗いは、清潔でトイレットペーパー、手洗い石けん、ペーパータオルが常備されています。おむつ替えの台も用意されているので子どもづれでも安心でした!