読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1歳児と行く台北(台湾)まとめ

子連れでの初めての海外旅行 行き先は台北

GW、何処にお出かけしよう?

「国内の旅行も楽しくできたし、そろそろ海外旅行に挑戦してみよう!」

と思い立ちました。行き先の条件は、

  • 移動時間はなるべく短く
  • 時差ボケしない
  • 子どもも現地で一緒に食事を楽しめる

検索してみたところ、完璧な場所を見つけました。それは台湾

中でも、台北は子ども連れに優しい街である、という情報を得て、即予約。すぐに私の心は台湾に飛んで行ってしまったのでした。

旅の計画中、とても参考になった本はこちらです。 

子連れ台北

子連れ台北

 

3泊4日の間に、沢山の思い出が出来ました。

中でも、「子どもと一緒だったから素敵な思い出ができた」ポイントに絞って、書いていきたいと思います。

子どもと一緒に楽しめた場所

幸いお天気にも恵まれ、色々なところにお出かけできました。特に思い出になったのは次の場所です。長い記事になりそうなので、場所ごとに分けて投稿します。

  • Taipei 101

街のどこからでも見える、台北のシンボル的存在、Taipei101。まずは台北の街にご挨拶、ということで上ってみることにしました。子どもも大興奮の展望フロアでした! 

  • 変身写真

台北で有名なものの一つが「変身写真」。その名の通り、本格的なメークアップと衣装に着替えて、大変身して写真撮影をするというものです。ワクワクドキドキ、楽しい家族写真を撮ってきました。

  • 臺北市立動物園 (Taipei Zoo) 

アジア最大級の広ーい動物園!南国の植物に彩られ、面白いオブジェがそこかしこに配置された園内では日本とはまた違った雰囲気を楽しめました。もちろん、パンダやゾウなど子どもが絵本などでおなじみの動物たちも見られます。 

  • 貓空纜車(Maokong Gondola)

台北動物園と台湾茶の生産地として名高い「猫空」(Maokong)を結ぶロープウェイ!中でも「水晶車廂」(クリスタルキャビン)というゴンドラは底がガラスになっていてシースルー!子どもと一緒にドキドキワクワク、スリリングなロープウェイライドが楽しめます。もちろん、ゴンドラの車窓からは絶景がのぞめます! 

  • 行天宮(Xongtiengong)

台北の街でよく見かける、煌びやかな廟。子ども連れでお参りしてきました。子どももお祓いしてもらえます!興味深い体験ができました。

子どもと一緒に楽しんだ食べ物

台湾といえば食事が美味しいことで有名!大人だけでなく、子どももおいしそうに食べていた台湾料理も色々ありました。

なお、台北で有名な夜市については、私たちはお散歩しつつ雰囲気だけ楽しみました。食事はレストランやホテルでとりましたが、メニューをみて食材や調理法、味付けがある程度理解できますし、子ども用の椅子や食器を借りて、落ち着いて食事をすることができました。

次回台北を訪問するときは、是非屋台での買い食いにも挑戦してみたいです!

  • マンゴーかき氷

  • パン

  • 広東ダック

  • 魯肉飯・鶏肉飯

  • しらす炒飯

そういえば、「子ども用にお水を下さい」というのは日本にいれば良く言うセリフですが、台湾ではあまり冷たいお水を飲む習慣がないのか、英語でお願いしても全然伝わらないことが何度かありました。そんな時に役立つのが「筆談」!メモとペンがあって助かったことが何度かありました。

泊まったホテル

大安路沿いにある、こぢんまりとしたモダンなホテルに泊まりました。子ども連れにぴったりの快適なホテルでした。お気に入りのホテルが台北にできました!

子どもに優しい街、人

台湾にいる間、何度か地下鉄に乗りましたが、子どもを抱っこしていると席を譲られる率100%でした。フードコートで、空いている席を探しているときも、席を詰めてくれて座らせてくれたり、子どもをあやしてくれたり。

子どもを連れていると、日本では、おじちゃんおばちゃんから話しかけれることは結構ありますが、若い人からはほとんどありません。でも台湾は、子育て経験世代だけでなく、若者も積極的に親切にしてくれる!なんだか、子連れでいるのが心地の良い街でした。

空港のベビーコーナー、動物園のベビー用サービスなど、各種施設での子ども用設備も充実。レストランでも、快く子ども用のサービスを提供してくれました。

時差もないし、移動時間も短く、子どもと楽しめるスポットも沢山ありましたので、自信をもって子ども連れ旅行先としておススメします! 

いい思い出がいっぱいできました。ああ、また行きたいなぁ。ごはんも美味しいし!!